大使の手紙

嬉しいお手紙をいただきました。
在ブルキナファソの日本大使である池﨑保様からの手書きの美しいお礼状です。
大統領ご夫妻との関係が昨年以来深くなっているとの嬉しいお知らせもありました。
写真は大統領御一行を招いての公邸での食事会の模様です。テーブルの横に私の「一期一会」の掛け軸を飾ってくださっています。

「一期一会」はまさしく外交の本質であると、この寄贈をとても喜んでくださっていて、シンプルな言葉の持つ力を感じます。

あまりにも有名で、ややもすれば使い古された四字熟語のような感もありますが、私の大好きな禅語の一つです。

全ての出会いは一度きりです。今日の私と明日の私でさえ、同じではありません。あなたという人と、今日の私で出会えるのは今日この時だけ。もちろん、明日のあなたも今日のあなたとは違います。旧知の人であっても、同じ出会いはありません。


そんなつもりで今ここを生きていると、自然と人生の質も高くなるのではと思いませんか?

こうして美しい手紙をいただき、「書く」という行為もまた、人生を豊かにしますね。さすがは日本国を代表する大使です。

ビジネスマン向けに、巻紙で書くお手紙ワークショップなんて、やってみようかという気になっています。

















カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です