ルーマニアでワークショップをします!



世界で最も尊敬される日本人として知る人ぞ知る武道家の初見良昭先生とのご縁をいただいたのが、2017年梅の花が咲き誇るころ。
先生の道場戯画展をきっかけに、千葉県野田市にある武神館本部道場をしばしば訪れて、先生とコラボ作品を作ったり、昨年出版された『初見良昭道場戲画 天』に寄稿文を書かせていただいたり、編集に携わったりしてきました。

そんな流れの中で、ルーマニアで武道の道場を運営しているCristian Laiber先生が声をかけてくださり、8月にルーマニアに行くことになりました。

10月にフランスでの展覧会が控えているというのに、その前にルーマニア!?

私の行動はたいてい、計画的なようで無計画。ピンときたらすぐに行動。わからないけど、気になるのなら行ってみる。そうやって、フランスやイタリア、アルジェリア、ブルキナファソと、活動の範囲を広げてきました。

それが良いのか悪いのかわかりませんが、2013年の夏、20代で諦めた書道家への道をもう一度歩もうと決めてから、作ってきた道は、他の誰にもできないことであることは間違いありません。

そんな話はまた別の記事で書くことにして、今回は、ルーマニアのこと!

ルーマニアと聞けば、大抵の日本人なら
「ドラキュラ」や「コマネチのかつての体操王国」
「チャウシェスクの共産国→革命→ヨーロッパ最貧国」という暗いイメージがあるのではないでしょうか。

私も同じでした。

ルーマニアとのご縁をいただいてから、私なりにルーマニアについて調べたところ、
ールーマニアという国名は「ローマの人の土地」という意味であること
ールーマニア語は、イタリア語、フランス語、スペイン語などと同じラテン語系で、民族もラテン系であること
ーあの衝撃的なチャウシェスク大統領の公開処刑のルーマニア革命は1989年であったこと
ー革命後の混迷の時代に多くの子どもたちがホームレスになり、マンホールの下で暮らす人たちがいたこと
ー2007年にEU加盟したこと
ートランシルヴァニアには美しい自然があること
ー日本の昔話のような、バラーダと呼ばれる口承民話があること
ールーマニアの森には美しい修道院が点在していること

などを知りました。

そして、首都ブカレストは小さなパリと呼ばれていたこともあり、パリのとそっくりな凱旋門もあるそうです。

この方のInstagramにはルーマニアの美しい写真がたくさん投稿されています!
Alex Robciuc (@alexrobciuc

初めてのルーマニアへの旅はほんの1週間。

武道を学ぶ方達への書道のワークショップは、私の主宰する瀀墨書道教室でお伝えしている「心と身体を整える」ことから始まり、「道具を信頼して道具にゆだねる」など、普通の書道教室とはちょっと違った内容がぴったりです。

ルーマニアの武道家の皆さんとお目にかかるのが今から楽しみです!

A way to Burkina Faso 4 ブルキナファソへの道 4

海外での書道のWSは何度も経験がありますが、お茶会はお手伝いのみで、私が亭主を任されるのは、海外ではもちろん、日本でも経験がありません。

さてさて、困ったなと思いながら、まずはじめに頭に浮かんだのが、友人の陶芸家佐々木虚室さんです。初代佐々木吉之助が明治38年に開いた昭楽窯・松楽窯の4代目窯元です。楽茶碗の写しと言えば昭楽窯、というほど、お茶碗作りを続けて来られて113年。お茶の世界と共に歩んで来られた窯元です。

年明けには、毎年、表千家、裏千家の両お家元のお初釜に呼ばれるほど、お茶の世界で大切なお役目を果たしていらっしゃいます。

今は、楽茶碗の写しとは別に、現代風なアレンジをした楽焼として、帰来窯では新しい試みにも取り組んでおられます。

ご縁あって、ここ5年ほど、何度も京都亀岡の工房へお邪魔して、いろんな意味でとてもお世話になっている大事な友人です。私とお茶のご縁を深くしたのも、虚室さんの影響が大きいと言って良いでしょう。お茶に通じる日本人の大事な心を、いつも背中で教えてくださいます。

そんな虚室さんに今回のブルキナファソでのお茶会のことを相談したところ、「お茶碗、送ろか〜?」と何とも軽〜く申し出てくれ、その翌日には美しいお茶碗が3つ届きました。いつもなのですが、お願いしたことがとてもスピーディーに返ってきて、お忙しいのに本当に頭が下がります。すぐに行動できる男性はかっこいい!

大事なお茶碗をお預かりして、初のアフリカ大陸へ!
このお茶碗は、初日予定されている、ブルキナファソの大統領や、各国大使の方々の私のブースご訪問の際に、大事に大事に使わせていただきます。

侘び寂び利休型黒楽茶碗 / Wabisabi Rikyugata Kuroraku
佐々木虚室 /  Sasaki Kyoshitsu

朱釉楽茶碗 /  Syuyu raku
佐々木虚室 /  Sasaki Kyoshitsu

茶箱用赤楽 / Akaraku for chabako
佐々木虚室 / Sasaki Kyoshitsu