Kanji stories

愛 Love

The kanji “愛” Love is combined with three kanji, “旡” , “心” and “夂”.
“旡” represents an appearance of a person who is looking back.
“心” means heart.
“夂” represents legs.

We have to walk with our own legs, but our feelings are connected to something in our back. To someone who is supporting and caring from your back.  In between us, there is “愛” Love.

「愛」という漢字は「旡」「心」「夂」の組み合わせでできています。
「旡」は人間が後ろを向く姿、「心」は人間の心、「夂」は人の足を表します。

私たちは、自分の足で自立して立ち、歩かなければなりません。
けれど、心は後ろにある何者かと繋がっているのです。
私たちの後ろで常に見守り、愛しんでくれている存在と・・・。
私たちはいつでも愛の絆で結ばれているのです。

 

恋 Being in Love

The original kanji of “恋”, Being in Love, is “戀”.
It’s combined with two “糸”, “言” and “心”.
“糸” means a thread which used to be an offering to God.
“言” means to say it’s original meaning is an oath to God.

“心” means heart.

“恋” is pronounced “kou” as a verb. “kou” also means to ask for.

We tend to ask for something we feel missing to God, to something, to someone….. in exchange for offerings.  We might fall in love with someone, to fill in our missing feelings.

 

「恋」という漢字の旧字体は「戀」です。
二つの「糸」に「言」という字が挟まれていて、その下に「心」があります。
「糸」はそもそも、神様への捧げ物でした。
「言」という字は、偽りを許さない神様への誓いを言うという意味でした。
「心」は言わずもがな。

「恋」は「こう」とも読みます。「こう」、「乞う」です。

飢渇した心の充足を神様に乞うことが、そもそも「戀」という字の意味でした。
捧げ物を差し出す代わりに、私たちの飢えた心を満たして下さいと乞う心。
満たされていないと錯覚している心が人を恋に落ちさせるのでしょうか。