Yuko Okuma’s Profile

Kouei is Yuko Okuma’s calligrapher name. 香 means incense and 瑩 mean beautiful color of a treasure ball.

Yuko started to study calligraphy when she was three years old at a small calligraphy school near her house. She wanted to learn calligraphy more seriously and went to bigger school for special study while she was in University where she majored in Japanese literature.

She was authorized as a calligraphy teacher when she was twenty-one years old. But unfortunately, she had to give up her carrier as a calligrapher because there was no space for a young woman with no powerful connection in a conservative society at that time.

She then had many successful lives. As a TV & radio host, as a voice
(recordings, MC), as a mother,  as a Japanese teacher…..

She was lit a fire of Japanese culture, calligraphy, tea ceremony, Noh……   somehow in 2013. Then she gave up her carrier as an experienced Japanese teacher and returned to the path where she should be.

After she taught calligraphy to high school students at Daichi Gakuen in Tokyo for several years, she opened her atelier, 瀀墨 (Yūboku), to people who want to learn calligraphy.

She is very active in going abroad to demonstrate and teach calligraphy. She has been to France, Italy, Algeria, Brukina Faso and Romanina as a cultural bridge.

While traveling to the world, she creates calligraphy works on Japanese classical poems such as “One hundred poets, One poem each”, “The tale of Genji”.  Classical Japanese literature, French poems are the ones what she has a passion for.

She also practices Zen at a Zen temple, tea ceremony with Urasenke school and Ikebana with Yamamura Goryu school.

Introducing the real Japanese beauty to the world is one of her big passions.

大隈優子
号 香瑩

3歳で自主的に近所の習字教室に通い始める。
大学生の時に、日本書道教育学会大阪書学院にて専門教育を受け、大学3年生で書道師範の認定を受ける。
当時はまだ、若い女性がプロの書道家として仕事ができる土壌がなく、その道を断念した。

大学卒業後は(株)オフィスキイワードに所属し、フリーアナウンサーとして関西の各テレビ局、ラジオ局にて番組出演、各種イベント司会、CMや企業PVのナレーションなどに従事。

結婚を機に引退した後は、日本語教育能力検定に合格、日本語教師として主に外資系企業に出張し、欧米人に日本語を教授。

自分の国の文化を見直す機会があり、自分の元いた場所、戻るべき場所へといざなわれ、書道家としての活動を始める一方で、(株)オフィスキイワード東京支社所属タレントとして、各種イベント、国際フォーラムなどで日英の司会、ラジオCMなどに出演。

大智学園高等学校にて書道科の講師を経て、旅先やイベントでの揮毫、百人一首、源氏物語の和歌、作品作りに取り組み、瀀墨教室を主宰。
茶の湯愛好家でもあり、日本文化を世界に広める役目をライフワークとし、活動の輪を広げている。

2015年10月9日~12日、イタリア、ローマ、カッペラ・オルシニギャラリーにて開催される日本人アーティスト展に出展。

2016年6月 パリ・パサージュ・ド・パノラマで行われたグランド祭りに書のブースを出す。

2017年7月 在アルジェリア日本大使館主催、アルジェリア日本友好55周年記念イベントに参加、書のデモンストレーション、ならびに、書作品を寄贈

2017年9月、10月 パリで行われた長坂大山游刻展に友情参加
2017年10月 イタリア、ミラノで開催の日本人書家グループ展「いとをかし」に参加

2018 年6月、7月 京都 アートスペース感で開催された長坂大山游刻展に友情参加

2018年10月 初見良昭宗家のアートブック『初見良昭 道場戲画 天』に、寄稿文を共に宗家とのコラボ作品掲載

2018年10月 ブルキナファソSIAOに於いて日本大使館ブース担当
茶道デモンストレーション、書道ワークショップ

2018年11月 フランス、ヴァランスで行われた「Bunka no Hi」イベントで書道ワークショップ

2019年 3月 東京新宿柿傳ギャラリーにて開催された長坂大山游刻展に友情参加

2019年8月 ルーマニア、ブカレスト、Raiden dojo にて書道ワークショップ
ルーマニアン・アメリカン大学にて「漢字の変遷と日本での文字の発展」講義

2019年10月 フランス、ペルージュ 一軒家ギャラリーLa MACにて三人展