ルーマニアでワークショップをします!



世界で最も尊敬される日本人として知る人ぞ知る武道家の初見良昭先生とのご縁をいただいたのが、2017年梅の花が咲き誇るころ。
先生の道場戯画展をきっかけに、千葉県野田市にある武神館本部道場をしばしば訪れて、先生とコラボ作品を作ったり、昨年出版された『初見良昭道場戲画 天』に寄稿文を書かせていただいたり、編集に携わったりしてきました。

そんな流れの中で、ルーマニアで武道の道場を運営しているCristian Laiber先生が声をかけてくださり、8月にルーマニアに行くことになりました。

10月にフランスでの展覧会が控えているというのに、その前にルーマニア!?

私の行動はたいてい、計画的なようで無計画。ピンときたらすぐに行動。わからないけど、気になるのなら行ってみる。そうやって、フランスやイタリア、アルジェリア、ブルキナファソと、活動の範囲を広げてきました。

それが良いのか悪いのかわかりませんが、2013年の夏、20代で諦めた書道家への道をもう一度歩もうと決めてから、作ってきた道は、他の誰にもできないことであることは間違いありません。

そんな話はまた別の記事で書くことにして、今回は、ルーマニアのこと!

ルーマニアと聞けば、大抵の日本人なら
「ドラキュラ」や「コマネチのかつての体操王国」
「チャウシェスクの共産国→革命→ヨーロッパ最貧国」という暗いイメージがあるのではないでしょうか。

私も同じでした。

ルーマニアとのご縁をいただいてから、私なりにルーマニアについて調べたところ、
ールーマニアという国名は「ローマの人の土地」という意味であること
ールーマニア語は、イタリア語、フランス語、スペイン語などと同じラテン語系で、民族もラテン系であること
ーあの衝撃的なチャウシェスク大統領の公開処刑のルーマニア革命は1989年であったこと
ー革命後の混迷の時代に多くの子どもたちがホームレスになり、マンホールの下で暮らす人たちがいたこと
ー2007年にEU加盟したこと
ートランシルヴァニアには美しい自然があること
ー日本の昔話のような、バラーダと呼ばれる口承民話があること
ールーマニアの森には美しい修道院が点在していること

などを知りました。

そして、首都ブカレストは小さなパリと呼ばれていたこともあり、パリのとそっくりな凱旋門もあるそうです。

この方のInstagramにはルーマニアの美しい写真がたくさん投稿されています!
Alex Robciuc (@alexrobciuc

初めてのルーマニアへの旅はほんの1週間。

武道を学ぶ方達への書道のワークショップは、私の主宰する瀀墨書道教室でお伝えしている「心と身体を整える」ことから始まり、「道具を信頼して道具にゆだねる」など、普通の書道教室とはちょっと違った内容がぴったりです。

ルーマニアの武道家の皆さんとお目にかかるのが今から楽しみです!