新しい一年の始まり

七十二候では今日は第十候の「雀はじめて巣くう」です。
そして、もちろん春分であります。
春分の日とは、太陽が一年をかけてひと回りし、スタートである牡羊座に戻ってくる日で、占星術では今日が新しい一年の始まりとなります。
久しぶりの更新なのに、ついつい大好きな占星術の話になってしまいましたが、こちらは書道家としてのブログなので、星の話はここでストップといたしましょう。

昨年は、ブルキナファソで行われたSIAOの日本大使館ブースで書道と茶道のご紹介をするという大きなプロジェクトがありました。
ブルキナファソからフランスに移動して、「Bunka no Hi」という文化イベントにも参加、リヨンでは今年のプロジェクトの段取り、帰国後は報告会が待っていたりと、9月から12月までは嵐のようでした。

精神的にも体力的にもきつく、まとめをしようと思いながらも、なかなかブログが書けずに今日まで来てまったのも仕方ないよね、と自分を甘やかしてきました。

けれど、今日という新しい一年の始まりの日に止まっていたものを動かさない手はありません!

心新たに、大きな目標を掲げて、その目標を旗印に、ブレずにまっすぐ前を見て歩くと言う誓いを立てるのには最善の日です。

というのも、私、同時にいくつものことをしている方が仕事がはかどり、やる気も出て成果も上がるという性質で・・。
そして、興味の対象が多岐に渡り、脈絡のないものを同時にこなしたり、転がる石のように変わっていく・・・そういう人をマルチポテンシャライトと呼ぶそうですが、今後数年間はマルチを封印し、書道を真ん中中心に置いてお仕事をしていくことにしました。

とは言っても、お茶もお花もフランスも、占星術もスピリチュアリズムも、食もフリーアナウンサーのお仕事も、ダンスや手仕事に着物とか、大好きなことが多すぎて、本当にひとつに絞れるのか。

いろんなことができるのは素敵なことだから、何も一つに絞らなくてもいいんじゃない?という声も聞こえて来そうですが、あえてここで「高さを出す」ということをやってみようと思います。

それもこれも人生の質を高めるため。
本当の魂の喜びを、肉体を持って体験するため。


まずは、新年、新たなスタートです!








カテゴリーblog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です